ブレーキランプが点かない。しかも前後同時に

こんにちは。
アイアン太郎です。

今回のトラブルは、ブレーキランプが点かない
事案です。それも、前後同時に点かなく
なりました。

まあ、前後同時ってことは、スイッチ不具合の
可能性は低いですね。2つ同時に壊れる確率は
低いですから。
もし、前後同時に壊れていたら、宝くじを
買いましょう。
きっと当たりますよ。

じゃあ、配線図を見て、作業前に予習して
いきましょう。

アイアンヘッド配線図

シンプルな配線ですね~
疑うべきは、玉切れか、サーキットブレーカーや
配線の接触不良やコネクタの外れってとこ
でしょうか。

じゃあ、現車を見ていきましょう。
まずは、簡単にチェックできる玉切れから。

玉切れであって欲しいと願います。
テスターでチェックですが、導通ありで問題なし。
これで、ちょっとめんどくさくなりますね。

シートの隙間から、サーキットブレーカー辺りの
配線をピコピコ触るとブレーキランプが点いたり
消えたり。

原因はコレですな。

サーキットブレーカー辺りの配線の接触不良です。
では、シートを外して見てみましょう。
(とてもおっくうですが。)

アイアンさんはシートを取り外すのに非常に
めんどくさいのです。

タイヤとフェンダーの隙間から強引に手を入れて
ボルト外すことも出来ますがすごくやりにくい
です。
私はシティ派なので、ジャッキアップをして
リアサスを外してからの作業です。

あー、アイアンをジャッキアップする時
私はいつもフロントホイールクランプを
使っています。
アイアンは、ジャッキアップポイントが狭いため、
上げるととても不安定になります。
私は何回もヒアリハットを経験したので
導入しました。

【ヒアリハットの動画はコチラ


こけて泣く事を思えば安いものです。
すごく安定して良いですよ。

安全に整備できるフロントホイールクランプはこちら

そして、安全のため、必ずバッテリーの
マイナス端子を外しましょう。


特に、ブレーカー回りは露出配線なので危険です。
バチッツとなってびっくりする位なら
良いのですが、最悪燃えます。そうなったら
シャレにならんので、きちんと外しましょうね。

【バチッツとなった動画はコチラ

で、アクセサリーのブレーカーを
取り外して。。。。

接点復活スプレーでクリーニングして同じ様に
組付けましょう。


たいていの電気トラブルは、このスプレーか
シリコングリスで何とかなります。
コネクターの中にも、接点復活スプレーを
ぶっかけておきます。

横着かもしれませんが、このスプレー、
ホントに復活するから愛用しています。

優秀な接点復スプレー 手放せなくなるシリコーングリース

ブレーカーは繋ぐ方向が決まっていますので
注意してくださいね。
配線図のCOPPER COLORED TERM.
(コッパーカラードターミナル=銅っぽい色の
端子)って書いてある方をプレートで繋いで
下さい。


しかし、配線をつなごうとするのですが
オールドアイで見えんのだわ。
なので、ライトON。ルーペも装着。

マイナス端子を取り付けて、ブレーキランプが
前後点灯するのを確認して完了です。


ブレーカー周りがピカピカになりました。
これでしばらくは良いでしょう。

あー、余分なスプレーは、きちんとウエスで
ふき取っておきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です